Deep Learningディープラーニング

画像検査装置の開発・製作 ディープラーニング

お客様の元で、真に最適化された画像検査を。
ANYの「ディープラーニング」パッケージ

ANYのディープラーニングの特徴

・より人間の目に近い画像検査を実現(官能検査)
・これまで自働化が難しかった検査の省人力化を推進
・お客様自身で設定可能な、直観的な操作性

ついに登場した、目視検査に代わるツール。

「最後は、やっぱり人間の目じゃないと」。
ANYが提供するディープラーニングは、これまでの画像検査に失望させられてきた貴社の現場に、革新的な変化をもたらすツールです。

これまでのルールベースの画像検査では、エラー判定のバリエーションが多岐にわたったり、正誤の差が少なく識別が困難だったりといった用途では、膨大なケーススタディーを入力・設定する必要があり、それが長大な開発期間とコストの要因になっていました。さらに製品の仕様変更や生産方式の改良によって再度のプログラミングが必要となるなど、製品や現場によっては目視検査を超えるメリットを創出できなかったのです。
ANYのディープラーニングパッケージはそれらの課題を解決し、製造現場に真の意味で最適化された画像検査を実現します。
ファクトリーオートメーション用に最適化。判断が必要な部品の位置決めや検査、分類などに対応しています。

現場で学習、現場で評価。お客様だけでモデル作成が可能。

ANYのディープラーニングパッケージは、完全なスタンドアロンシステムです。わかりやすいインターフェースを通じて、お客様自身により学習&評価を行い、モデルを作成いただくことができます。

作成したモデルは設定ファイルとして出力できるので、複数の製品を検査する際も、ファイルをコピーするだけで設定完了。多品種少量生産の現場でも、AIを活用した画像検査のメリットを引き出すことができます。
お客様の社内でモデル作成が可能。リードタイムとランニングコストを大幅に削減できます。

パッケージ化によって実現した、圧倒的なコストパフォーマンス。

マシンビジョンに特化したパッケージ製品とすることで、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しました。それも導入コストだけでなく、モデル開発や新製品への対応など、現場での運用コストも大幅に抑えることが可能です。

ANY ディープラーニングパッケージ

主な機能
位置決め
品種分類
欠陥検出 1. 良品のみ教示
2. 良品と不良品(欠陥箇所)を教示
OCR(文字読取り)
主な仕様
カメラ GigEカメラに最大4台まで接続可能
照明 各カメラにつき1台 合計4台対応
入出力 PLCにSLMPにて接続(通信のためのラダーは不要)
その他 既存の画像処理と組み合わせて検査できます。カメラ・照明・PLCともにEthernetケーブルで簡単接続可能です。
※当社のディープラーニングパッケージは、Cognex社の「Vidi」を使用しています。

ANY ディープラーニングパッケージ リーフレット[PDF:731.9KB]

3Dデータやロボットとの組合せも可能

「ANYディープラーニングパッケージ」は、高いカスタムの自由度も特徴です。オプションで撮影画像の代わりに3Dデータで処理・解析を行ったり、ロボットを組合せた機動的な撮影によって、検査対象や現場環境に最適な画像検査システムを実現することができます。詳しくは当社までお問合せください。